>> 速報!!東京のマンション1室で簡易宿所を取得!すぐにお問合わせを! <<

Airbnbはホントに儲かるの?

まずは、Airbnbの収益モデルを見てみましょう
Airbnbかかる手数料??

Airbnbの収益モデル

Airbnbサイトは、アカウントを作る場合も、
リスニング掲載する場合も無料です。
Airbnbの手数料が発生するのは、
ゲストからの予約があった場合のみで、
支払いはゲストが支払う宿泊費から差し引かれことになします。

 

先に支払う心配がないので安心ですね。

 

お金のやり取りはAirbnbのサイトを通じておこない、
ゲストはAirbnbサイトに宿泊費の支払い、
Airbnbサイトは手数料を引いた金額をホストに振り込みます。

 

契約成立時に、ゲスト(宿泊者)は6~13%、
ホスト(貸す側)は3%をAirbnbに手数料として支払います。
⇒Airbnbヘルプ/ホスト手数料とは何ですか?

 

Airbnbのサイトに収益の計算例があります。

例)1泊$100、宿泊日数が4泊。清掃料金$50の場合

清掃料金は何泊しても1予約に対して1回の請求なります。
なので、小計は以下のようになります。

(宿泊日数:4泊 x 1泊料金:$100) + 清掃料金:$50 = 小計:$450

ホストが受け取る金額は、この$450から3%を引いた金額になります。

小計:$450 - (手数料:3% x 小計:$450)

となります。

⇒詳しくはこちら

 

ホストがAirbnbに支払う金額はこれだけです。

 

運営する部屋にかかる経費

貸す部屋にかかる経費には、スタート時にかかる経費と、運用にかかる経費があります。

スタート時にかかる経費

貸す部屋がある場合やない場合など、
さまざま条件の違いがあると思いますが、
賃貸でいちから、用意する場合を考えてみます。

■部屋を借りる費用

・敷金、礼金、仲介手数料、前家賃

 

■家電・家具・雑貨屋

・寝具
ベット、布団、シーツ、枕、毛布

・家電
テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、ドライヤー、掃除機

・家具
テーブル、椅子、タンス(クローゼットあれば不要)

・キッチン用品
コップ、お皿、フライパン、お鍋、箸、スプーン、フォーク

・お風呂用品
バスマット、バスタオル、ハンドタオル、ボディーソープ、シャンプー、リンス

・トイレ用品
トイレットペーパー、トイレマット、芳香剤

・洗面所用品
石鹸、歯ブラシ、T字ひげそり

・その他
ゴミ箱、カーテン、ハンガー、物干し竿、清掃道具

・冷暖房器具が設置されてない場合は必要
・wi-fiは大変喜ばれますが、月額費用が発生

どこまでのサービスを提供するかよって、
必要なモノも変わってきます。

自転車なども提供している方もいます。

 

■Airbnbサイトの登録手間
自分ですれば無料です。

・アカウント作成
・リスニング登録

【Airbnb公式-ご登録がまだの方に】
当サイトからご登録いただくと3500円分のクーポンがもらえます。
⇒Airbnb公式に無料登録はこちら

■その他の手間
自分ですれば無料です。

・ハウスマニアル作り

 

運用にかかる費用

■運営する人件費
自分ですれば、無料です。

・ゲストからの予約のやり取り
・鍵の受け渡し
・清掃、洗濯、消耗品の補充
・ゲストへのレビュー投稿

■ランニングコスト
・家賃、光熱費

・消耗品

 

儲けるためのポイント

ざっくりした収益計算

1泊を8000円に家賃を7万円、光熱費など固定費を1万円。

月の経費が8万円なので10日の宿泊でゼロになります。

月に20日とする、16万円で8万円の利益となります。

 

Airbnbで儲けるためのポイント

・立地条件、ライバルチェック

・リスニングの製作充実

・ゲストとのコミュニケーション

・アメニティの充実

などがあげられます。

 

次の記事のご案内

次の記事ではいよいよAirbnbホストのはじめ方についてです。

はじめるために必要なこと、はじめる前に知っておきたい運営の話などを書いています。

⇒次の記事「はじめ方・運用の流れ概要」こちら

 

⇐前の記事「いまAirbnbホストを始めるメリット」はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ