>> 速報!!東京のマンション1室で簡易宿所を取得!すぐにお問合わせを! <<

いまAirbnbホストを始めるメリット

まだはじまってばかり

Airbnbの日本法人は2014年5月にでき、
日本でのサービスも開始されました。

いまからまだまだ拡大していくサービスと言えるます。

急増する外国人観光客をターゲットにした、
「民泊」ビジネスの仲介サイトの利用者が急増してます。

⇒参考記事「日本経済新聞」

 

まだ法的な整備ができていない点もありますが、
急増する訪日外国人観光客への対応が急がれています。

 

訪日観光客の増加、宿泊施設対策

日本政府観光局(JNTO)の発表では
2012年  800万人
2013年 1,000万人
2014年 1,300万人
の外国人が訪日しているようです。

2003年から国別の資料が発表されています。
⇒くわしくはこちら

東京オリンピックが開催される2020年には、
2,500万人とも3,000人とも期待されいます。
(2014年の約2倍弱です)

 

ここで、2つの問題点があります。

・宿泊施設はたりるの?
・外国人観光客のニーズにあった宿泊施設を用意できるの?

 

日本の宿泊施設の稼働率が気になりますね。
国土交通省・観光庁が日本の宿泊旅行の実態を調査しています。

⇒観光庁の統計データ

 

平成27年4月第2次速報によると
シティホテルの稼働率は80.3%となっています。

数字の読み方はさまざまだと思いますが参考になればと思います。
今後景気上向きで、日本の宿泊者も増えると予想され、
また外国人観光客も増える、宿泊施設が足りないとの危惧もあります。

 

そこで政府にも旅館業法の規定を、規制緩和をする動きもあります。

第13特区
⇒詳しくはこちら

急増する訪日観光客の対策をしています。

 

いまAirbnbホストを始めるメリット

・日本でAirbnbのサービスが開始されて、まもない

・訪日観光客が急増
日本政府も観光客のニーズにあった宿泊施設の規制緩和を検討

ライバルが少なく、需要が拡大される市場とても注目を集めてます。

 

次の記事のご案内

次の記事では、Airbnbホストは儲かるの?
利益構造はどうなってる?などを書いていきます。

⇒次の記事「Airbnbはホントに儲かるの?」はこちら

⇐前の記事「個人でできるAirbnb不動産投資ってなに?」はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ