コラム

ホテルや民泊など宿泊ビジネスの運用作業を軽減するシステムとは

更新日:

宿泊施設を運用するための予約システムなどの運用システムが増えてきてます。
どうのような機能があるのか調べてみました。

宿泊施設の運用を無人化する5つのシステムとは

多くき分けて5つの仕組みに分かれます。
・予約管理・鍵の受け渡し・チェックイン・清掃管理・自社決済
この作業をオンラインシステムで行えるシステムです。

 

複数の集客サイトからの予約を管理する仕組み

予約はAirbnbやじゃらんなどの仲介サイトからとる事が多いと思います。
空室・満室の情報を複数で仲介サイトで同期化する仕組みが便利です。
サイトコントロールと言い、『ねっぱん!』『TL-リンカーン』があります。

鍵の受け渡しをオンラインで行う

宿泊者に鍵を渡すにはフロントを設置する、置き鍵(キーボックス)設置する方法があります。
フロント業務を設置するには経費がかかり人の管理をする必要があります。
置き鍵は、鍵の管理を宿泊者に任すので紛失した場合の対応をする必要があります。
そこで、運営側で鍵の管理をし人手のいらいないリモートロックを採用も増えてきています。
キーコードを送るだけす。

チェックインを無人化する

チェックインの作業には本人確認、パスポート情報の取得、宿泊者台帳の作成があります。
タブレットのアプリを使い、自動またはオペレーター対応で遠隔で行う仕組みです。

清掃の連絡・報告を自動化

清掃トラブルは致命的なダメージがあるため、慎重に仕組み作りを行います。
清掃の連絡はチェックアウトを把握し清掃担当者に連絡をする。
チェックアウト後に自動で清掃担当に連絡し清掃完了報告をオンライン上で把握できるシステムがあります。

自社ホームページに予約と決済システムを導入する

グーグルマップやインターネット検索で直接ホームページから予約を取れる仕組みです。
この時、空室をお客様に見てもらうわけですが最初に書いたサイトコントロールと連携していると便利です。空室状況の整合性が簡単に取れるためです。
お客様は空室やサービス・料金を確認し、予約情報を入力し、カード決済で支払いを済ませてくれます。

宿泊ビジネスのオンラインシステムを選ぶポイント

『民泊 予約システム』『ホテル 予約管理』などで検索すると多くの宿泊ビジネス専門のオンラインシステムサービスが提供されています。
導入時に選ぶポイントをまとめました。

予約管理・鍵の受け渡し・チェックイン・清掃管理・自社決済の5つのシステムがワンパッケージなっているもの

できるだけ上記の5つのシステムがワンパッケージなっているものがおすすめです。バラバラに導入すると情報の転記ミスや作業時間をとるためです。極力自動化できるシステムを選ぶ方が良いですね。

多言語対応していること

海外のお客様をスムーズにナビゲーションするには多言語は必須ですね。
英語・中国語に対応しているか確認してください。

リアルタイムに売上管理表が見える

経営者として売上の管理はリアルタイムで知っておきたいですね。
スマホでいつでも確認できるシステムです。

まとめ

宿泊施設専門の運営オンラインシステムが増えてきています。
導入時選ぶ参考になればと思います。

-コラム

Copyright© Airbnb・民泊代行業者まとめ , 2019 All Rights Reserved.